自殺の準備

いつでも死ねる(ポアれる)ように準備をしておく

方法:比較的楽だと言われる練炭(睡眠薬兼用)>首吊り>飛び降り>凍死>飛び込み>焼死≧切腹
世間一般ではこの順に楽だから言っておくけど環境、手間、迷惑度、費用、成功率はまた別。手間をかけても一番楽な睡眠状態での一酸化炭素中毒を狙った、今流行の練炭自殺を実行すると決めた。どの自殺方法にも言えることだが、失敗は許されない。

七輪:燃えないようにする為だから、本来は必要ないが、物や大きさで値段に開きがある。漆器タイプが高価である。筆者は金属タイプを購入した。練炭用の七輪は逆に一酸化炭素がで出にくいようにできているので使ってはいけない。

練炭:木炭と間違えないように、なかなか売ってないので、筆者は通販で売ってる、上質なミツウロコの練炭をおすすめする。ちなみに筆者は8個×3=24(5600円分)も買ってしまった。大きさ、値段の割りに非常に重い。

やかんに水:水を入れたやかんを練炭に乗っける事により、練炭が低温で不完全燃焼によりさらに一酸化炭素を出し易くするらしい

密室:とりあえず車にしておけば死後の迷惑度も金も比較的かからないだろう。

睡眠薬:睡眠薬は睡眠発動開始時間と睡眠継続時間が反比例する。練炭自殺でも超短期型で十分だ。短時間型「レンドルミン」超短時間型「マイスリー」「アモバン」を一度も使用せず、一週間分入手した。筆者は睡眠薬耐性が付かないよう、上記を一度も飲んでいない。私は睡眠改善「ドリエル」、精神安定剤の副作用でさえ簡単に寝てしまう体だ。

アルコール:重度のアルコール依存者以外は睡眠薬と同時摂取により互いの相乗効果がある。筆者はビール、サワーで数回飲んで酔った感じの事がある。ウイスキーなど(比較的高いアルコール度数実家にあります)

吐き止め:実は二日酔い、乗り物酔い止めとして売られている。錠剤より粉薬がいいでしょう。

目張り:ガムテープでOK、窓の間に張ると良い、車の場合室内換気するとより効果的だろう。

着火:100円ライター、火がつけばなんでもよいだろう

着火剤:固形にした。ゲル状がいいらしいが、

場所:発見されないような運が必要だ、人が通らないような田舎の山道?

時間:発見されにくくする為にも深夜

天気:深夜だから雨、曇り以外ならいいだろう

仲間:自殺幇助罪になるであろうが、一人で死にたくない、ネットで探すしかない。とりあえず自分含めて1〜4人、10代から20代、(ドタキャン、身体障害者、他人を殺傷する可能性のある精神障害者はお断りだ)

睡眠薬はクリニック、病院で医師の判断で手に入る。
医者に「ハルシオン」が欲しかったが駄目だったので、他のクリニックに当たってみる。薬局で売られる睡眠改善薬のエスエス製薬「ドリエル」は12錠入り約2千円(高っ)

[TOP戻]

ハムスター島
無料HP作成