loader image

オススメ 眉毛のアートメイク

【メイクはいつからOK?】アートメイク後のダウンタイムの経過とアフターケア方法【保湿が大切】

本記事はこんな方におすすめ

  • アートメイク後のダウンタイムの様子を知りたい
  • アートメイク後の施術経過を知りたい
  • アートメイク後のアフターケア方法を知りたい

 

アートメイクを受けたいけど、施術経過やダウンタイムが気になる…
保湿と乾燥、どのアフターケア方法がオススメ??

 

今回は、”アートメイク施術後の経過とダウンタイムの様子””オススメのアフターケア方法”を徹底紹介!

 

気になるギモン

  • いつからメイクできる?
  • 赤みや腫れ、痒みが出ることはある?
  • アートメイク後は保湿をした方がいい?かさぶたは剥がしてOK?

など、気になるポイントを徹底的に解説いたします♪

 

ダウンタイムの様子をしっかり理解し、正しいアフターケアを行なって、理想の眉毛を手に入れよう!
サリー

 

専門チームが監修!

当記事は、専門チーム監修のもと責任を持って制作しております。

ご不明な点やお困りごとがございましたら、コメントお問い合わせフォームにて、お気軽にお問い合わせくださいませ♪

●参照サイト

日本メディカルタトゥー協会: アートメイクとは
医療アートメイク学会: 医療アートメイクとは

 

アートメイク施術後のダウンタイムの経過と様子、注意点

施術当日:腫れや赤みが出る場合がある

アートメイク施術は針を使って皮膚の表面に色素を入れてくため、施術直後は眉毛付近が赤くなったり腫れたりします。

肌が敏感な方や、施術内容によっては施術後当日に赤みや腫れが目立つこともあります。

 

また、色素を浸透させるために時間が必要なので、施術後2〜3日は眉毛に触れてはいけません”とお医者さんに言われることが多いです。

当日〜3日間は、眉毛付近へのクレンジングや洗顔、化粧水の使用が出来なくなるので注意しましょう。

 

むやみに触ったりすると雑菌や汚れが原因で化膿したりする可能性もあるため、赤みや腫れが引くまでは触らず、様子を見ましょう。

 

顔を洗えないと気持ちが悪い・スッキリしないという方は、施術部位以外を拭き取り化粧水などで拭き取るのがオススメ!
サリー

施術後2日目〜4日目:一時的に眉毛が濃くなる

アートメイク施術によって入れた色素が酸化することで、一時的に濃い色になることがあります。

最大で7日間ほどこの状態は続きますが、徐々に落ち着いていきます。

 

また、”薄いかさぶた”ができてきますが、無理に剥がす・こするなどは絶対に禁止!

血が出たり、傷跡から雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまうこともあるため、自然に剥がれるのを待ちましょう。

 

施術後5日目〜7日目:かさぶたが剥がれてくる

かさぶたが剥がれ始めます。

アートメイク施術後は肌が非常にデリケートになっているため、肌は常に清潔な状態を保って、無理に触ったりして刺激を与えないようにしましょう。

 

施術後8日目〜10日目:お肌の状態が通常に戻ってくる

かさぶたが剥がれ終わると、お肌の状態がいつ通りに戻ってきます。

赤みや腫れ、痒みがない状態であれば、施術後1週間が過ぎたあたりからメイクをしてもOKというクリニックが多いです。

 

少しでも異常を感じたり、不安な場合は施術を行なってくれたクリニックに確認しようね♪
サリー

 

メイクができる状態ではありますが、実際はまだまだ治りかけの段階のため、アートメイク施術箇所は常にデリケートなケアを心がけましょう。

 

施術後14日目〜28日目:ダウンタイムも終わり、アートメイクが完成!

色素の定着も完了し、お肌の状態も施術前同様の通常状態に戻っています。

普段通りに洗顔やメイクができるので、アートメイク後の生活を存分に楽しむことができます♪

 

以降は希望に応じて、フォローアップ(クリニックでのアフターケアや、2回目以降の施術)の予約を取りましょう。

 

【自宅でできる!】アートメイクのアフターケア方法〜保湿ケアが大切〜

アートメイク施術後のアフターケアは保湿(ウェットヒーリング)が大切

多くのサロンが推奨しているオススメのアフターケア方法は”保湿”です。

ウェットヒーリングとも呼ばれるこの方法は、ヒーリングジェルやワセリン、保湿剤を利用して、お肌の潤いを保つことでケアします。

 

ウェットヒーリング

✔︎ 保湿ケアのメリット:肌の潤いを保ち、カラーを均一に浸透させながら回復させる

× 保湿ケアのデメリット:アフターケアキットを持ち歩く必要があるので、少し手間がかかる。

 

アートメイク施術後、乾燥主体のケア方法(ドライヒーリング)だと危ない?

保湿を中心としたアフターケアとは反対に、乾燥主体のケア方法(ドライヒーリング)も存在します。

ドライヒーリングはウェットヒーリングよりも古くからある方法で、現在でもドライヒーリングを推奨しているアートメイクサロンがいくつか存在します。

ドライヒーリングでは、アートメイク箇所を濡らさないように保ち、施術後はかさぶたを作り、自然と治癒していくのを待つだけです。

 

ドライヒーリング

✔︎ 保湿ケアのメリット:アフターケアキットを持ち歩く必要がなく、特に必要な作業が発生しない。

× 保湿ケアのデメリット:色が抜けやすくなり、かさぶたが大量にできる。

 

ウェットヒーリングとドライヒーリング、どちらがオススメなの?

 

ウェットヒーリングが最も治癒効果が期待できることが証明されています。

そのため、アートメイクのアフターケア方法としては保湿ケアを中心としたウェットヒーリングがオススメです。

 

アフターケア方法に関して不明な点や困ったことがあれば、施術時にアートメイクサロン・アーティスト確認してみよう♪
サリー

 

まとめ

アートメイク後のケアは保湿が大切!

 

アートメイクの施術を行えば、メイクの手間が大幅に軽減されます。

アートメイク施術で失敗しないためには、アートメイクサロン選びも大切ですが施術後のケアも非常に大切!

思わぬトラブルを引き起こさないよう、きちんとしたケア方法を徹底しましょう♪

 

施術後はしっかりケアして、理想の眉毛を手に入れよう!
サリー

 

-オススメ, 眉毛のアートメイク

\ 芸能人も通うアートメイクサロン!/
デイジークリニック 公式サイト
\ 芸能人も通うアートメイクサロン!/
デイジークリニック 公式サイト